赤ちゃん・子供の肌トラブル

保湿クリーム【子供OK】市販でベタつかない乾燥肌対策(我が家の場合)※夏でも蒸れないよ

投稿日:

我が家では、息子が新生児の頃から子供の肌乾燥防止に市販の「ベタつかない保湿クリーム」を使っています。正確には皮膚保護剤(保護フォーム)なんですが・・・

※今すぐ我が家愛用の子供用保湿クリームを見たい方はコチラ

 

【我が家の対策事例】保湿クリーム+皮膚保護「Wケア」vs子供の乾燥肌ぶつぶつ

我が家で実際にこの皮膚保護クリーム(皮膚保護剤)を使って子供の乾燥によるかゆみを抑えられたことがありました。

真冬の感想した時期(年の暮れ)くらいに子供の肌にぶつぶつの痒みのある湿疹が出てしまったんです・・・・痒くて夜寝られず、かきむしった後はまるでアトピーみたいにみえました。

 

子供のブツブツの状態

  • お風呂に入るとぶつぶつが浮き上がる
  • ぶつぶつは1ミリくらいの大きさ
  • 子供がかゆいとかきむしる
  • 脇腹・足の裏(膝裏)・ももの前・鼠径部(+陰部周辺)・首周りに出現
  • かきむしると熱を持つ
  • そう言えば静電気が発生しやすかった

当時こんな状況でした。

初めて湿疹に気づいたのはお風呂に入ったとき。湯船に浸かり体があたたまると、全身に1ミリ代のボツボツした赤いぶつぶつが脇腹・お腹周り・内もも・お尻・膝裏など全身に出現。

旦那が「蕁麻疹かな?」と言うんですが、ぶつぶつした部分はつながってないし、腫れも熱感もなし。本人も痒がる以外の症状はありませんでした。そしてお風呂から上がり、皮膚が冷えてくるとブツブツはすぐ消えました。

 

風呂上がりに消える謎の湿疹・・・でも困ったことに夜中、寝ているときに無意識に子供がお腹や足をかきむしって再びぶつぶつが出現。夜、毛布にくるまって寝ていると痒くなるらしく、ボリボリかいた部分が熱く熱を帯びていて1ミリ程度のぶつぶつが出来ていました。

・・・これもしや皮膚の乾燥かな?

 

病院での診断-子供のぶつぶつの原因は乾燥で「軽度なアトピー性皮膚炎」

病院に行ってみせると、乾燥性の皮膚炎だね、と言われました。

※当時あわてて写真撮り忘れたんで、ネットの写真です。かゆみ肌のイメージはこんなぶつぶつでした。

子供がかきむしった膝裏の皮膚が、かきむしりにより赤く腫れて血が出て、皮膚と皮膚に折れ目の筋がつき始めました。症状がアトピーに似ているのでアトピーですか?と聞いたら多少軽くアトピー肌っぽくはなっているとのこと。

ネット調べてみるとアトピー性皮膚炎の軽度な症状である「アトピー性ドライスキン」だそうです。ベネッセの下記の参照サイトにでてきた内容とドンピシャ一致です。

子供のぶつぶつの原因は?

質問

上半身、腕、太もも、背中に鳥肌のような発疹(ほっしん)が出ていてかゆがります。

回答

皮膚が鳥肌のように見えてかゆがるのは、アトピー性皮膚炎の最も軽い症状であるアトピー性ドライスキンが考えられます。一度皮膚科を受診して、適切なスキンケアの方法を聞き、保湿薬などの塗り薬をもらってきちんとケアしてあげた方がいいでしょう。(引用元:ベネッセ教育サイト|病気と予防アドバイス - 発疹・かゆみ

 

強いかゆみが出てしまうのは皮膚が乾燥してバリア機能が弱くなっているから。バリア機能が弱くなると衣類とこすれたり、汗をかいたりなどの、ちょっとした刺激でも肌のかゆみが起きてしまうようです。

ただ悲観することはなく、上記のサイトでも言われているように、皮膚科を受診して適切な保湿ケアをすれば大丈夫とのこと。

 

病院でもらった薬は保湿効果が長続きしなかったので市販の保湿クリームを併用

ってことで、お医者さんからかゆみを抑えるステロイド剤と保湿剤をもらって帰りました。病院でもらったのはコチラの2点。

  • ロコイド軟膏(ステロイド剤)
  • 油性クリーム(ヒルドイド軟膏のジェネリック)

ステロイド軟膏はかゆみを抑える効果もあるので、それを塗ると多少はかゆみが抑えられてブツブツは良くなりました。

ただどうしても保湿効果が長持ちしないのがネック。

保湿クリームだけじゃ保湿力が弱く、夜寝ている間にクリームが服に擦れて取れてしまい乾燥&痒みが再発。夜中に子供が不機嫌に起きるのでステロイド軟膏を塗りますが、どうしても一時的な対処になってブツブツがなくなりません。

私も乾燥肌なのでよく分かるんですが、そもそも「保湿クリーム」自体の粘度が高すぎて乾燥した肌にいきなり塗っても含有水分が少なすぎて保湿できないですよね。

自分の肌だって、乾燥してる肌に化粧水を塗らずに保湿クリームを塗っても、余計ガビガビになるだけで乾燥が解消されないじゃないですか。それと同じかなと。

ということで、病院の薬にプラスして市販の保湿クリーム(子供可)のものを併用することにしました。

 

保湿クリームで皮膚を保湿だけじゃなく、皮膚バリア(保護)するのが乾燥肌対策の鍵だった

それであれこれ肌の保湿クリーム・乾燥対策を試してみた結果、最終的に私が子供のぶつぶつを解消できた乾燥肌の保湿ケア3ステップはこちらでした。

子供のぶつぶつ解消3アイテム

  1. 病院のステロイド軟膏(痒みが強いときだけ)
  2. 子供用乳液+保湿クリーム
  3. 皮膚保護フォーム

肌の保湿ケアに関して言えば、病院の薬(ヒルドイドのようなもの)を使わなくても適切な保湿をしていれば【市販の保湿クリーム】でも乾燥性皮膚炎を抑えることができるんだ!というのが今回の発見です。

もちろんあくまで「皮膚の乾燥を改善する」=保湿による改善ができるだけです。「かゆみを抑える」ことそのものはステロイド剤のような病院処方の医薬成分しか出せない効果なので、かゆみが強いときはステロイドをしっかり使って症状を抑えたほうがいいです。

 

病院より優秀な市販の保湿クリーム-子供も大人も使っている我が家のおすすめアイテム2つ

我が家は、「保湿クリーム」と「皮膚保護剤」の2ステップで皮膚ケアを続けていますが、これが今のところベストなケア方法です。それぞれの役割とウチが使っている商品を紹介します。

 

step
1
市販の保湿クリームで基礎の保湿をする

皮膚に水分を与えるのが保湿クリームの役割ですね。

病院でもらうのはヒルドイドソフト(ヘパリン類似物質成分のクリーム)、市販品だとキュレルやニベアが有名ですが、ベビーグッズをよく買うママ世代にはママ&キッズシリーズは有名なはず。

 

ウチではコチラのママ&キッズシリーズを使っていますが、量も多いし伸びも粘度も適度なのでいいですよね。

※イオンやバースデー・アカチャン本舗などでも買えますよね!うちはオンラインショップで買ってます。

女性用化粧品みたいなとろみの乳液(ベビーミルキーローション)を塗りたくった後、ヒルドイド軟膏くらいの硬さの保湿クリーム(ベビーミルキークリーム)を塗っています。

塗った直後はこれでベタベタですが、数分で肌が落ち着きます。そのまま放置すると特に冬場は2時間後くらいに若干乾燥してくるので、乳液と保湿クリームを塗った後に次の皮膚保護剤をつけます。

 

step
2
皮膚保護剤で皮膚表面に蓋をする

皮膚保護剤は油性の成分で、皮膚表面(角質)からの水分蒸発を防止する役割があります。ワセリンがメジャーですよね。

ただワセリンは油性成分100%のペースト状で、油を皮膚表面に載せることになるためどうしてもベタつく・油染みができるというデメリットがあります。扱いの悪さの割に、服と擦れて結局数時間で取れて保湿効果が(私の経験上)薄れるので私はあまり好きじゃありませんでした。

そこで、産院でも最近使われているコチラの「皮膚保護剤」が優秀なんですねー。

ファムズベビーに関しては、息子が生まれた当初にたまたまであった皮膚ケアの“マストアイテム”だったんですが、息子が2歳になってからは使ってませんでした。でもやっぱり皮膚の乾燥予防には、これが一番優秀だった。

そもそもファムズベビーは水分を与える保湿クリームとは全く違って皮膚の角質に皮膜を作って水分を蒸発させないように皮膚表面を保護するもの。

ワセリンのように油分を皮膚の上にベタッと載せるのではなく、皮膚保護剤の成分が空気に触れることで皮膜を作って皮膚表面を覆うので、ベタつかずサラッとした状態をキープできます。なので保湿効果がワセリンや医者からもらった保湿剤より長く続いちゃうわけです。

え?皮膚に皮膜!?と聞くと蒸れそう・怖そうと思うかもしれませんが、これ産院でも使われていて、生後5日の赤ちゃんでも使用OKなものなので安心はお墨付きです。ファムズベビーの口コミ感想・使用感レビューは別記事にまとめているのでそちら見てみてくださいね。

子供だけじゃなく大人もOKなので、皮膚の乾燥で困ってたら是非検討してみて下さいね。

こんな記事も読まれています

  • この記事を書いた人

ゆうママ

2歳の息子を育てている36歳の在宅ワーカーママです。もともとアトピー肌で悩んでいたこともあり、子供の肌ケアには若干神経質に・・・(笑)でも今はいい保湿剤も出ているし、生まれたときからケアしていれば自分の子供とは思えなくらいきれいなツルツルお肌が維持できることがわかっているので、自信を持ち始めています!がんばれが答えてくれるのは子供の肌も私の肌も同じですね^^

-赤ちゃん・子供の肌トラブル

Copyright© ファムズベビーの口コミ評判いい!赤ちゃんのカサカサブツブツにもいい(実体験) , 2019 All Rights Reserved.